育休先生。

「イクメン」という言葉がなくなる日を目指して。

【探しています】『妻』に代わる言葉

 昔からず〜っと探していましたが、結婚する前はそこまで真剣にではありませんでした。ですが、結婚してしばらく経ち、妻を『妻』と呼びにくいシチュエーションが増えて困っています。

 

<目次>

 

f:id:ikukyusensei:20171217163541p:plain

漢字の意味を気にしてしまう

 「妻が…」と言うのにも、だいぶ慣れてきた。

 その呼び方を使うことを、ボクは常々意識している。使って違和感がない相手であれば、できる限り『妻』を使う。

 

 反対に、『妻』と同義でよく使われる言葉で、ボクが極力使わないようにしているのは『嫁』『奥さん』

 『嫁』には、『家の女』と書くことから古い価値観が垣間見える。『奥さん』は『(屋敷の)奥にいる人』が語源。というか、そもそも『奥さん』は『他人の妻を敬って言う語』だし…。

 

 『嫁』は少し偉そうなニュアンスもあるので、ボク自身は無意識に言いかけてしまったことはない。しかし、『奥さん』の方はなかなか便利な言葉で、カジュアルでありながら砕けすぎていないので、ついつい使ってしまうことがある。

 ただ、「全く気にしない」という人も多いだろうし、人の使い方にまで口をはさむつもりはない。

 

 気にし始めると、『彼』『彼女』という言葉だってそうだ。なぜ、一つの “主体” として扱われる男性に対して、女性は『彼(の)女』という風に “彼の所有物” のように扱われるのか?ということになってきて、どツボにはまる。

 

 要は、その人自身が気にするか気にしないかだ。例えば「妻の呼び方」を、肝心のボクの妻が気にしていなかったとしても、ボクは気にしているから考えたい。それ以上でも、それ以下でもない。

 

使いたいけど使いにくいシチュエーション

 相手や場面によっては、『妻』を使いにくいことがある。大きく分けて、下の2つのパターンだ。

 

年下とのトークでは、語感がフォーマルすぎる

 上司や顔見知り程度の人には「この前、妻が…」と言えるし、ごく親しい友人などには妻を名前で指せば良い。

 困るのは、例えば職場の後輩のような相手のときだ。「そうそう、この前妻がさぁ…」と言うと、どうしても違和感がある。

 

相手の配偶者を指すには、敬称の響きが無さすぎる

 自分が妻に「男性と対等な呼称を使いたい」と思うからには、友人・知人のおくs…配偶者にもそのような呼称を使いたい。

 だが、今も指が勝手に『奥さん』と打ち始めたように、相手の配偶者を指して「そういえば、妻はお元気ですか?」とは失礼な気がしてとても言えない。

 

逆もまた然り

 ちなみに、同じ理由でボクは、妻に外では『夫』と呼ばれたい。『妻』と対になる言葉だからだ。

 『主人』だと自分が夫婦のメインの方だということになってしまうし、『旦那』だと江戸時代の商人が得意客を「へい、旦那!」と呼ぶかのようでしっくり来ない。

 

 特に『主人』の方は、女性に対してすごく失礼な言い方だと思う。『主人』とは文字通り受け取ると『主な人』だが、なぜ夫婦に “メイン” と “サブ” があるのか。

 もしも「いや、昔はほとんどの場合、男性が得た収入で一家を養っていたから…。」と言うなら、思い違いも甚だしい。一昔前の男性が、外で働く代わりに家のことは全て妻に任せ、子育てまで任せ、さらには尻にまで敷かれていたのであれば、よくも “メイン” だなどと言えたものである。

 

 ただ、『夫』と呼ばれたいとなると、これまた『妻』と同様の問題が発生する。①(語感)としては「ウチの旦那がさぁ…」が言いやすいし、②(敬称感の無さ)『妻』と同じく「そういえば、夫はお元気ですか?」とは言えない。

 語源や字面からして最もフラットな呼称である『夫』『妻』だが、用途は万能ではないから困る。

 

言葉は生き物だから

 こんなとき、『妻』『夫』よりもさらに使いやすい言葉があればいいのに、といつも思う。

 

 言葉は生き物だという。「ら抜き言葉」も市民権を得てきたし、テンションが上がると自然に「ヤバイ!」と言ってしまう。ということは、同じように考える人達の熱気が高まれば、将来的には新語が登場する可能性もあるわけだ。

 

 『奥さん』『ご主人』といった言葉は間違いなく「男女の役割意識が今以上にハッキリしていた時代の名残」だと思うので、時代の流れを考えると新語の登場もそう遠い話ではないかもしれない。

 

 皆さんは、配偶者をどう呼んでいますか?