育休先生。

「イクメン」という言葉がなくなる日を目指して。

漢字の「とめ・はね」にこだわる指導は必要か。

 皆さんは『漢字指導』について、こだわっていることやポリシーはありますか?ボクは比較的細かく指導するタイプだったのですが、育児休暇中に読んだあるコラムをキッカケに考えを改め、復帰後はやや大らかな指導にしています。

<目次>

 

f:id:ikukyusensei:20171205220443j:plain

 

記事の要旨

 育休中に、東洋経済オンラインで、教育評論家の親野智可等さんが書かれたコラムを拝読しました。要旨をまとめると、

 漢字とは本来、それぞれの一つの “正解” とされる形があるわけではない。常用漢字表に示されているのはあくまでも標準であり、正誤の基準はかなり緩やかである。

 それにも関わらず、教師が「子どものため」と意気込んで「とめ・はね」のような細部にこだわって指導するあまり、漢字嫌いの子どもが増えていく。

 よって、行きすぎた指導は必要ない。

という内容でした。

 

 元記事はコチラ↓↓↓

toyokeizai.net

 

実際に確かめてみた

 この記事の最後で、文部科学省の外局である「文化庁」の「文化審議会国語分科会」から出された常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)」なるものが紹介されていたので、読んでみました。

 

www.bunka.go.jp

  

 すると、確かにそう書いてありました。Q&Aから要旨に関する内容を抜粋したのが以下の4つです。

 

f:id:ikukyusensei:20171205225243p:plain

 

f:id:ikukyusensei:20171205225234p:plain

 

f:id:ikukyusensei:20171205225240p:plain

 

f:id:ikukyusensei:20171205225246p:plain

いずれも用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)」より

 

読めば読むほど分からない

 試しにQ&Aからいくつか、どこまでがマルなのかという例を見てみましょう。個人的には、衝撃的なものがいくつもありました。

 

・これがマルだそうです。右は、自分なら完全にバツをつけます。

f:id:ikukyusensei:20171206230132p:plain

 

・ それぞれ、どちらでもマルだそうです。「園」の右側と、「猿」の左側は、違和感スゴイ…。

  f:id:ikukyusensei:20171208010733p:plain  f:id:ikukyusensei:20171208010950p:plain      f:id:ikukyusensei:20171208010522p:plain  f:id:ikukyusensei:20171208010610p:plain

 

・これもマルだそうです。これはもしかすると、人によっては気にならないかもしれません。

  f:id:ikukyusensei:20171206230459p:plain

 

・一気にいきますが、全部マルだそうです。これが許されるのなら、字形がどんどん崩れていきそう…。

f:id:ikukyusensei:20171206230720p:plain

 

・これもマル。旁(右側)の3画目は、漢字ドリルではハッキリ横に出てから下りていますし、むしろ一旦横に出るのが「だいのまげあし」の特徴なのかと…。

f:id:ikukyusensei:20171206230828p:plain

 いずれも「常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)」より

 

大切なポイントを見失わないように

 人は時として、他人から字で人柄を判断されます。子ども達には、字を適当に書くことによる不利益を被ってほしくないという思いがありました。

 「水は低きに流れる」とも言います。おそらく子ども達に最初から「ココは “はね” ても “はね” なくても良いよ。」と教えていくと、どんどん字形が崩れていく気がします。また、保護者からいい加減な印象を持たれそうな気もします。必ずしも「緩い」ばかりが好まれる仕事でもありません。

 

 しかし、上のQ23にも書いてあるように、「そもそも一つだけの正しい形があるわけではない」と言われてしまうと、漢字ドリルのフォントを模範とする根拠すらなくなってしまいます。 

 少なくとも、子ども達が「先生に細かく言われるから、もう漢字キライっ!」と思ってしまう指導は、あるべき姿ではないでしょう。

 

 その中で、何より大切なのは、「一人一人が、その子なりに最大限丁寧に書いていること」。メモのように自分さえ読めれば良いときは構いませんが、人の目に付く字を書くときには “それ用の丁寧さ” を選択できるスキルは持っていて欲しいのです。

 

 正解のない『漢字指導』。皆さんは、どうお考えですか?