育休先生。

「イクメン」という言葉がなくなる日を目指して。

ようやく始まった、教師の『働き方改革』。でも、その前に…💢

 1年振りに復職して、はや1ヶ月が経ちました。新年度のドタバタと環境の変化で、4月を終えると教師も子どももグッタリ。このGWは、一息つける貴重な連休です。

 

<目次>

 

f:id:ikukyusensei:20170831112306j:plain

 

ボクの今年度のシゴト 

 復職前の人事希望調査で、ボクは初めて希望を書きました。「1歳の第一子に加えて4月に第二子が生まれる予定なので、今年度はできれば担任外にして頂けると嬉しいです」と。

 担任外とは、特別支援学級や専科の担当教員などです。ボク自身はまだ経験したことはないものの、同僚の話では担任よりははるかに時間的な拘束が少ないようだったからです。

 

 もちろん、その調査があくまで「アンケートにしか過ぎない」ということは分かっていました。それに、人事権を持つ校長は学校全体の運営を考えないといけないので、一教員の希望がまかり通ることは難しいとも重々理解していました。

 

 その上で、「そうやとしても、そこまで希望からかけ離れるもんかね…。」という愚痴を聞いてください(笑)。

 

 まず、実働5年目にして初めて主任になりました。

 主任とは各学年の代表の教員で、当該学年の学習や行事の進め方を統括します。主任しか書かない書類や、主任しか参加しない会議もあります。そもそもどれが主任の仕事なのかというところから、学んでいる最中です。

 

 次に、相方が講師1年目の男の子になりました。

 教師としての経験が一切なくいきなり担任となったため、学級経営や授業の仕方から各書類の書き方、備品や教材の場所など、全てを教えてあげなくてはなりません。

 

 また、メンターとやらになりました。

 10年目以内の教員8人ほどがメンティで、日々の相談相手となるとともに、彼らがどんな研修を求めているのかという意見を集約して校長に伝えるのだとか云々カンヌン…。

 

 そして、校務分掌は視聴覚です。

 各都道府県が競争するかのように「ICT活用!ICT活用!」とお尻を叩いていて、大阪も例外ではありません。急に(操作性の悪い)タブレットを使えだの、ICT活用年間計画を作成しろだの。しかも、ルーターやLANケーブルを配置して校内の無線LAN環境を構築する、なんて仕事も教員がやります。

 

 主任もいつかはなるべきですし、新人の育成もさせてもらえるなら有り難いことです。メンターも良い経験になるでしょうし、視聴覚も育休前からしていた仕事です。

 良いんです。どれも良いんです。

 ただ、「できたら担任外」と希望調査に書いた結果、初主任、新人とペア、メンター、視聴覚になるとは思いませんでした…(苦笑)。

 

人によって仕事量はマチマチ

 そんなこんなで、4月の残業時間は約80時間。4月の平日は20日間なので、単純計算すると毎日残業を4時間したことになります。それ以外に、今月は2回、休日に出勤して15時間ほど働きました。

 

 ただ、ここで声を大にして言いたいのは、残業時間など当てにならないということです。

 なぜなら、ボクの2回の休日出勤はタイムカードを打っていませんし、平日の帰宅後や休日に学校外で持ち帰り仕事をいくつもしているからです。

 

 それに、お子さんの送り迎えで毎日17時頃に帰らないといけない同僚もいます。その方は残業時間としては1桁でしょうが、お子さんの就寝後や起床前に自宅で仕事をしたり、泣く泣くしたいハズの仕事を諦めたりしています。

 

  また、どんな仕事にも終わりはありません。情熱がある人ほど、時間さえあれば仕事が尽きることはありません。

 

 そもそも残業時間だけで業務量を把握しようとすること自体がナンセンス!!です。

 

働き方改革』、その前に

 近頃、テレビや新聞でようやく取り上げられるようになってきた、教師の働き方改革。しかし、うわべばかりの働き方改革が見切り発車していて、一言物申さずにはいられません。

 

 2週間ほど前の、ある朝。

 

校長:「年度始めとはいえ、勤務時間の長い方が多すぎます。仕事も大切ですが、子どもと向き合うためにはまず教員自身が心とからだを健康に保つ必要があります。」

 

ボク:(…おっ、ええこと言うやん。)

 

校長:「今日から、18時半に学校を閉めます。」

 

ボク:(…はぁ?)

 

周囲:(ざわざわ…)

 

手をつける順番が違いすぎる

 毎日18時半には学校を出て、家でのんびりできたら素敵な仕事です。校長ありがとう!

 

 …そんなわけはありません。だって、業務量が変わってませんやん💢

 

 教員を無理やり帰宅させて、見かけの残業時間を減らす。

 すべき業務量は同じなので、単に持ち帰りが増えるか、質の悪い仕事が増えるだけ。

 

 それが働き方改革ふざけるな!!💢

 

 お願いです。

 教員・事務職員の数を増やし、1クラスの児童数を減らし、事務作業の分量を減らしてください。

 心から、よろしくお願いします。

 

 「教職員の数を増やして欲しい」と主張した他の記事はコチラ↓↓↓

ikukyusensei.hatenablog.com