育休先生。

「イクメン」という言葉がなくなる日を目指して。

娘、下痢が治らず乳糖不耐症を疑われ『ノンラクト』を試す。の巻

 先週の日曜日から娘が下痢をし始めたのですが、3日経っても4日経っても治る気配がなく…真っ赤になるお尻がかわいそうで小児科を受診したところ、『乳糖』を含まない『ノンラクト』というミルクを勧められました。

 

<目次>

 

小児科を受診するまで

 これまでも娘はたまに下痢をすることがあったのですが、1〜2日で勝手に治っていました。しかし今回は、数日経っても全く治る気配がありませんでした。

 

 確かに、先週の日曜日に『ロハスフェスタ 万博 2017 autumn(参照:『ロハスフェスタ万博 2017 spring』に行って来ました。 - 育休先生。に行った際、途中から天気が大荒れに。その疲れかとも思っていたのですが、熱や鼻水もないし、機嫌も良いし…。

 食べ物も、特に新たな食材や、逆に古くなった食材を食べさせた覚えもありません。便自体も、特に変な臭いもなければ色なども異常ありません。ごくフツーの “下痢” でした。

 

 そうしているうちに、みるみる赤くなっていくお尻。見るに耐えなくなり、下痢5日目となった一昨日、小児科を受診することにしました。

 

ニュートーフタイショー?

 便が付いたオムツを持って行って診てもらったのですが、「特に気になる感じではない」とのこと。

 新たな食材を増やしてもいないと聞いて、お医者さんが一言。「ニュートーフタイショーかもしれませんね」。

 

 ニュートーフタイショー?

                     新・豆腐対象?

 

 どうやら『乳糖不耐症』という、ミルクに多く含まれる『乳糖』を消化できなくなる病気らしいです。娘は1週間前までしばらく風邪をひいており、「もしかすると、その風邪を原因とした二次性のものかもしれませんね。」とのこと。

 

 そこで『ノンラクト』という乳糖を含まないミルクへの変更を勧められたので、すぐさま探しに!!

  近くのドラッグストアには売っていなかったのですが、アカチャンホンポへ行くとありました。こういうものがあるのだと、初めて知りました。

 

f:id:ikukyusensei:20171111214108p:plain

 

 ネットで「普通のミルクとは味が違うので、飲まない子もいる」という情報を目にしたので、とりあえず1缶を購入。300g1,093(税抜)でした。

 我が家は普段、『E赤ちゃん』というミルクを使っていて、こちらは300gなら1,218円(税抜)なので、『ノンラクト』の方がむしろ僅かに安かったです。

 そして、どちらも『森永乳業』なのでなんとなく良かったです。

 

『ノンラクト』と『E赤ちゃん』の違い

 個人的に気になった、『ノンラクト』と『E赤ちゃん(普通のミルク)との違いを2つ。

 

①植物の茎のようなナゾのにおい

 『E赤ちゃん』は、いかにもミルク!!という感じの乳臭いにおいですが、『ノンラクト』はおそらく乳糖を含まないために植物の茎のようなナゾのにおいがします。

 

②飲んだ後に恐ろしいほど泡立つ

 『E赤ちゃん』では飲み終わった後の哺乳瓶は空っぽですが(当たり前ですよね)、『ノンラクト』はミルクがなくなっていくにつれて恐ろしいほど泡立ってきます。それも残りのミルクが見えないほどに。

 飲み終わりは、こんな感じでした(下にミルクも少し残っています)

f:id:ikukyusensei:20171111220313j:plain

 

変更から2日が経って

 さて、木曜日の昼のミルクから『ノンラクト』に変更し、ちょうど2日が経った今日の夕方。久しぶりに、下痢ではない固形のウンチが出ました!!効果テキメンでした 🎶

 

 はじめは「たかが下痢ぐらいで病院に行くのも…。」と思っていましたが、『ノンラクト』というミルクに変える、という選択肢は頭になかったので、受診しておいて良かったです。

 

 ただ、「乳糖不耐症自体が完全に治るには1ヶ月ほどかかる」と言われたので、腸内環境が整うまではしばらくこのまま『ノンラクト』を飲ませて、それからゆっくり元のミルクに戻していきたいです。