育休先生。

「イクメン」という言葉がなくなる日を目指して。

『彼女』が『妻』、そして『母』になり、考えが読めなくなった。

 決して、『乙女心』が分かっていたとは言いません。それでも自分自身、もう少し相手の求めるものを汲んで行動できる方だと思っていました。結婚、出産というのは、本当に生活や関係を一変させるものなんですね。

 

<目次>

 

f:id:ikukyusensei:20170810214137p:plain

 

最近考えさせられた出来事 その1

 2組の夫婦とランチをしたときのこと。その日、ちょうど待ち合わせの前に娘が寝てしまい、ボクだけが先に行き妻が後から連れてくることに

 お店は、座敷のある定食屋。相手は4。そのうちの2人とは、妻は初対面。妻が後から来てみんなに注目されながら1人で食べるのはツライかなと思い、4人には先に注文してもらい、ボクは注文せずに待っていました

 

 それからほどなくして、妻が来るなり一言。

「先に食べてくれてたら、娘を預けてゆっくり食べられるのに。」

 

 良かれと思ってやることって、だいたい裏目なんですよね。

 ボクだって、それぐらい考えましたけどね。1組の夫婦は3歳の子を育てているので、娘を預けてボク達2人で同時に食べられるよな、と。

 

 …問題なのは、妻の言い方か?

 

最近考えさせられた出来事 その2

 つい昨日のこと。妻が仕事に復帰して、2日目。ボクは夜、友達と会う予定がありました。

 妻が帰ってきたらすぐに娘をお風呂に入れて…朝、そんなことをブツブツ言っていたら、

髪の毛またセットし直さなあかんのやろ?しかも、それから出たら遅くなるやん。お風呂は私が1人で入れるから、すぐ行っていいよ。

 おぉ、神よ。

 

 しかし、妻が帰る19時を待たず、17時半に眠すぎて泣く娘。一旦寝かせよう。

 だが、18時半に目が開いてしまった!まだ泣いている!あと30分粘るのはキツイから、もう一回寝かせるしかない。もうそんなには寝ないだろう…。

 

 後で聞くと、あれからずっと娘は寝ていて、21時頃に仕方なく起こしてお風呂に入れたらしい。

 翌朝、明らかにイラついている妻が一言。

「娘のことを一番に考えたら、最初に眠くなったときにお風呂に入れてあげたら良かったやん。(キミの予定なんて、いくらでも変更できるよね?)

 

 いや、だってつい今朝に、「私が入れるよ!」って言ってくれたから…。

 

最後に一言

 う〜ん、ムズかしい!!