育休先生。

「イクメン」という言葉がなくなる日を目指して。

娘、離乳食が中期に入り、1日2回になる。の巻

 7月25日、7ヶ月と12日目。娘がいわゆる離乳食の『中期』に入ってきたので、12に増やしました。ミルクを飲まなかった時期が、嘘のようです。このまま順調に進んでくれることを願います。

 

<目次>

 

(1回目)の食材と量

 開始以来、一貫して午前中に食べさせてきました。初めはたった「お粥1さじ」から始まった離乳食も、今では2025さじほど食べられるようになりました。月齢にしては、少食ですかね…?

 いつも完食しているので、親の方がセーブしてしまっているのかもしれません。

 内訳は、下のような具合です。

 

 ◯お粥          …9さじ

 ◯野菜          …9さじ(3さじ×3種類)

 ◯イモ or 魚 or 豆腐       …3さじ

 ◯バナナ+ミルク     …3さじ

            計 24さじ

 

 『バナナミルク』は、最近の妻のブームです。自分が朝ごはんによくバナナを食べるから、だと思いますが。魚や豆腐、バナナなどは多少さじ加減が適当なので、総量は日によってやや増減しているかもしれません。

f:id:ikukyusensei:20170726212539j:plain

 

夕方(2回目)の食材と量

 2回目は、1回目の3分の1程度から始めるらしいので、下のような内訳で8さじから始めました。

 

 ◯お粥+しらす    …4さじ(3さじ+1さじ)

 ◯人参+玉ねぎ    …4さじ(2さじ+2さじ)

             計 8さじ

 

  朝の麦茶は沸かしたてなのでカップで冷ましていますが、その後は『スパウト』を使っています。

(『スパウト』について詳しくはこちら→娘、両親の心配をよそにスパウトを難なくマスターする。の巻 - 育休先生。

f:id:ikukyusensei:20170726212722j:plain

 

ここ10日間で追加した食材 

 ◯すでに食べさせた食材

 ・お米   ・人参     ・カボチャ  ・玉ねぎ   ・サツマイモ  ・小松菜

 ・豆腐   ・ジャガイモ  ・しらす   ・リンゴ   ・ほうれん草  ・キャベツ

 ・バナナ  ・ヒラメ    ・カレイ

 

 前回、離乳食に関する記事を書いたのが7月16日。それからの約10日間で追加した食材は3です。

 ・枝豆  ・うどん  ・トマト

 

やはり心配なのは『アレルギー』

 うどんについては『小麦アレルギー』が心配されましたが、問題なかったようです。

 軽重問わず食物アレルギーは辛いものですが、中でも小麦といった避けるのが難しいものは本当に大変そう。また、牛乳アレルギーを持つ子がボクの小学校に一人おり、給食には牛乳が必ず付いてくるので周りの配慮も必要です。

 次いで思い浮かぶのが、そば甲殻類です。ボクの母がそばアレルギーなので、うどん屋さんではそばと同じ釜で茹でていると食べられなかったり、旅館のそば殻の枕を替えてもらったりと、子どもながらにいつも大変そうだと思っていました。

 

 半熟卵そば甲殻類を食べさせて良いのは1歳以降だそうですが、完全に火を通した卵黄のみであれば、5・6ヶ月から離乳食を始めていて順調に進行している場合は7・8ヶ月から可能なようなので、そろそろトライしてみても良いのかもしれません。

 また、大人の食事では主役の一つである肉類も、実はまだ食べさせていません。

 

 心配なことは尽きません。でも、育児休暇で娘の成長を日々じっくり見られる幸せを噛み締めながら、焦らずに進めていきたいと思います。