育休先生。

「イクメン」という言葉がなくなる日を目指して。

『ブックスタート』とは何か、よく分からずに参加してみた。

 先日の3ヶ月健診で『ブックスタート』とやらを案内されたので、行ってみました。調べてみると、「自治体の財源で実施し、NPOが活動をサポートする全国共通の取り組み」だと知り、驚きました。

 

<目次>

 

ブックスタート』って何?

 後述する『NPOブックスタート』のHPによると、以下のように書かれていました。

 『ブックスタート』とは、0歳児健診などの機会に、『絵本』と絵本を赤ちゃんと一緒に開く楽しい『体験』をプレゼントする活動です。 

 

 確かに、気にはなっていました。「絵本って、いつから読ませたらいいんやろ?」

 先日の3ヶ月健診(娘は4ヶ月になっていましたが)の際に、『ブックスタート』の案内があり、「夫婦ともに育児休暇中で動きやすい今なら何でも行ってみよう!」と、行くことにしました。

 

ブックスタート』を口実に

 大阪市の西区では、以下の4ヶ所で行われているようでした。うち3ヶ所は区の施設でしたが、1つだけ保育園があったので、雰囲気を感じたくてそこにしました。

 ただ、行ってみると保育園の中ではなく、同じビルの3階にある『ぶどうの木』と名付けられたキッズルームで行われていました。

 

f:id:ikukyusensei:20170425215512p:plain

 

地域のコミュニティーとの接点

 行ってみると、他に6組の親子がいました(ウチ以外、全てお母さんとお子さんでした)。30分間だけでしたが、いくつかの絵本の紹介や子どもとの手遊びなどを教えて頂きました。

 こんなカードも貰いました。初めて絵本を選ぶ際の参考にということでした。

f:id:ikukyusensei:20170425225943j:plain

 『ブックスタート』以外にも毎月いろんなイベントがあり、ちらほら顔を出しているうちに知り合いができるかもな、と思いました。チラシにも、ハッキリとそういう風にも使ってくださいとの旨が書いてありました。

 

NPOブックスタート』とは

 はじめは「YMCAが運営しているのかな?」と思っていたのですが、聞いてみると「大阪市からの委託業務」なのだそうです。その流れで少し詳しく知りたくなり、帰ってから試しに『ブックスタート』と調べてみると、『NPOブックスタート』というNPO法人のHPに繋がりました。

 そもそも『ブックスタート』という活動自体は、1992年にイギリスで始まり、それに共感した日本が2ヶ国目として活動を開始。2001年4月に、現在の『NPOブックスタート』の前進となる組織ができたようです。

 今では、全国の1741の市区町村のうち、実に985の市区町村が『ブックスタート』を実施しているのだとか。『NPOブックスタートのHP内の以下のページによると、各自治体が親子に手渡す絵本の候補を20冊、2年に一度選考をして決めているそうですよ。

 

www.bookstart.or.jp