育休先生。

「イクメン」という言葉がなくなる日を目指して。

育休教師の独り言-教師の働き方

ついに文部科学省が動く!?教員が多忙すぎる問題。

今、おそらく現場の教師達が最もなんとかしてもらいたい問題。それは、「業務量をの削減」または「教職員の増員」でしょう。これについて文部科学省が、人員配置のための経費を来年度(平成30年度)予算で要求するようです。

「先生は働き過ぎだから、ICカードで管理する?」…違うんだよ‼︎

6月15日の朝日新聞で、「先生『働き過ぎ』STOP ICカードで出退管理へ」という記事が。…違うんだよ!!…いや、合っているところもある。でも、違うんだよ!!!!💢

教師はどれだけ残業しても、残業代は月1万2千円!?

「多すぎる!」と言われる、日本人の残業。皆さんは、残業が発生したときに「残業代」をちゃんと貰っていますか?ボク達教師には、残業代を増やす以上にして改善して欲しいことがあるんです。