育休先生。

「イクメン」という言葉がなくなる日を目指して。

ニュースに一言。

乳幼児にスポーツドリンクを飲ませ過ぎたら、健康状態が悪化!?

少し日が経ちましたが、6月11日の朝日新聞で知って驚きました。もちろん全員がというわけではありませんが、実際に「飲み過ぎ」を原因とした死亡例も1例あるそうです。。

「先生は働き過ぎだから、ICカードで管理する?」…違うんだよ‼︎

6月15日の朝日新聞で、「先生『働き過ぎ』STOP ICカードで出退管理へ」という記事を読みました。…違うんだよ!!…いや、合っているところもある。ところもあるけど、そのタイトルだと違うんだよ!!!!💢

「子ども達のアイデアを形にする機会」を与えることの大切さ。

6月11日の朝日新聞に、「音で暮らしをデザイン」という記事が載っていました。フェリス女学院大の学生が授業の一環で、ある私鉄の駅メロを変えたという話でした。

「男が育児なんて」って思っている人、まだ多数派?

6月11日の新聞に載っていた、40代女性の投稿記事。「男性の育休は権利 周知して」というその記事を読んで、男性の育児参加を願う人の気持ちに嬉しくなると同時に、当たり前のことが当たり前にならない世の中に、もどかしさが募ります。

『非正規教員』は誰でも担任ができて、安月給!?

6月5日の朝日新聞に『非正規の教職員』についての記事が載っていたのですが、ボクが4月19日の記事に書いた『講師』は大阪市の詳細な区分では『常勤講師』に当たります。両者はイコールではありません。

体育館の床を水拭きしている、そこの子ども達!危ないらしいぞ!

皆さんは、学校の体育館…って覚えていますか?上履きだと滑るんですよね。大人になると懐かしく思い出される体育館ですが、掃除で水拭きをすると危ないらしいです。

教師として考えさせられた、中学生の投稿記事。

先日、新聞で目にした中学生の投稿記事。「先生の計画 乱しちゃダメ?」というタイトルのその内容に、教師としては少々考えさせられました。

「東大・ベネッセ調査」 その2 〜気を引き締め直す編〜

今回気になったのは、4月19日にプレスリリースされた「子どもの生活と学びに関する親子調査2016」の結果。東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所が共同発表したものです。「その2」では、この調査のドキッとしたところをお伝えします。

「東大・ベネッセ調査」 その1 〜ちょっと一言物申す編〜

今回気になったのは、4月19日にプレスリリースされた「子どもの生活と学びに関する親子調査2016」の結果。東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所が共同発表したものです。「その1」ではこの調査に一言物申すと同時に、教師としての考えを綴ります。

午前中の5時限授業。そのメリットと心配点は?

4月6日付の西日本新聞web版に載っていました。嵐のように一日が過ぎていく小学校において、放課後の教員の時間確保は重要課題の一つ。自分自身が勤務する小学校のスケジュールと比較して、その効果を考えてみました。

小学生の「将来の夢」に、「ユーチューバー」登場。

現在31歳のボクが小学6年生だった約20年前は、youtube自体存在しませんでした。「今後20年で、日本の労働人口の約49%が就いている職業がAI等に代替可能」だとも言われる時代。具体的な夢を描いて生きていくこと自体、難しくなっているのかもしれません。