読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育休先生。

「イクメン」という言葉がなくなる日を目指して。

小学校でのお馴染み『日直スピーチ』のテーマを、いくつか紹介。

「人前で話すことに慣れて欲しい」という願いから、小学校でよく行われるのが『日直スピーチ』。ボクが実践しているテーマのいくつかを、大きく2種類に分けて紹介します。

『ロハスフェスタ万博 2017 spring』に行って来ました。

とても開放感と賑わいがあって素敵なイベントでした。オムツ交換は自前のビニールシートでできますし、授乳室もあったので半日楽しめました。

作文のテーマのオススメ紹介や、作文指導の効果と悩みについて。

作文指導にどれだけ力を入れるかは、教師によって本当にマチマチです。ボクはどちらかというと、作文を通してのキャッチボールを大事にしている方だと思います。わずかな経験ですが、考えていることを書きます。

来るべき日に備えて、保健福祉センターでの『離乳食講習会』へ。

生後5ヶ月目に入り、離乳食を始める時期に差し掛かっています。4月下旬あたりからミルクをほとんど受け付けなくなっているので、あまり延ばさずに始めた方が良いかもしれません。

『お友達』を作りに、区営のキッズルームへ行ってみました。

今日は『お友達』を作りに、西区内でYMCAが運営する『ぶどうの木』というキッズルームに行ってきました。そうです。4月下旬に『ブックスタート』 したのと同じ場所です。

教師はどれだけ残業しても、残業代は月1万2千円!?

世間では、残業による過労死が注目されています。そこで、最近は教員の勤務システムについて書かれたコラムが、様々な媒体に掲載されるようになってきました。教員には「残業した分だけ残業代を支払う」という仕組みがないことは、ご存知ですか?

『つどいの広場』で、ぐだぐだな英語リトミックに参加。

今日は、西区が運営している『つどいの広場』とやらに行ってみました。『親子リトミック』というイベントもあったので、想像以上にたくさんの親子がいました。

教師として考えさせられた、中学生の投稿記事。

先日、朝日新聞で目にした中学生の投稿記事。「先生の計画 乱しちゃダメ?」というタイトルのその内容に、教師としては少々考えさせられました。

娘、初めて寝返りを成功させる。の巻

昨日、5月8日。娘が初めて、寝返りを成功させました。ここ1週間ぐらい、そろそろできそうな " 気配 " があったので注目していました。

自分自身の話。その5「小学校での勤務開始〜育児休暇取得」

2017年4月1日より開始した、この「育休先生。」というブログ。少しまとまった時間が取れたので、自分自身について書くことにしました。小学校教員という仕事に就くまでの変遷や、育児休暇を取得するまでの過程をお伝えできたらと思います。

自分自身の話。その4「通信制大学入学〜小学校での勤務決定」

2017年4月1日より開始した、この「育休先生。」というブログ。少しまとまった時間が取れたので、自分自身について書くことにしました。小学校教員という仕事に就くまでの変遷や、育児休暇を取得するまでの過程をお伝えできたらと思います。

自分自身の話。その3「震災発生当日の夜〜転職活動開始」

2017年4月1日より開始した、この「育休先生。」というブログ。少しまとまった時間が取れたので、自分自身について書くことにしました。小学校教員という仕事に就くまでの変遷や、育児休暇を取得するまでの過程をお伝えできたらと思います。

自分自身の話。その2「就職活動〜東日本大震災発生の瞬間」

2017年4月1日より開始した、この「育休先生。」というブログ。少しまとまった時間が取れたので、自分自身について書くことにしました。小学校教員という仕事に就くまでの変遷や、育児休暇を取得するまでの過程をお伝えできたらと思います。

自分自身の話。その1「出生〜バンド解散」

2017年4月1日より開始した、この「育休先生。」というブログ。少しまとまった時間が取れたので、自分自身について書くことにしました。小学校教員という仕事に就くまでの変遷や、育児休暇を取得するまでの過程をお伝えできたらと思います。

【至急】教員・事務職員の数を増やしてください。

4月28日付で文部科学省から発表された「教員勤務実態調査(平成28年度)」。細かいことは抜きにして、とにかく教員・事務職員の数を増やしてください。

「東大・ベネッセ調査」 その2 〜気を引き締め直す編〜

4月25日付で朝日新聞に掲載された「東大・ベネッセ調査」の記事。4月19日にはプレスリリースされていたようです。「その2」ではこの調査のドキッとしたところをお伝えし、教師として、そして父として気を引き締め直します。

「東大・ベネッセ調査」 その1 〜ちょっと一言物申す編〜

4月25日付で朝日新聞に掲載された「東大・ベネッセ調査」の記事。4月19日にはプレスリリースされていたそうです。「その1」ではこの調査に一言物申します。そして、教師としての考えを綴ります。

娘、予防接種を一度に4種類打つ。の巻

昨日は近所の病院で、娘の予防接種をして頂きました。右腕に2本、左腕に2本を打って頂き、他のどのお子さんよりも元気に泣いておりました。無料での定期接種は、本当に有り難い!!

娘、『ブックスタート』を果たす。の巻

先日の3ヶ月健診で『ブックスタート』とやらを案内されたので、行ってみました。調べてみると、『自治体の財源で実施し、NPOが活動をサポートする全国共通の取り組み』だと知り、驚きました。

カメラやHDDについて、詳しくないので決して語りはしない回。

写真が好きです。すでに膨大なデータのために、外付けHDDも購入しました。でも、詳しくないので決して語りはしません。というか、できません。持っているものを、ただただ載せます。

どうしても『ママ』にしかできないことって、あるよね。

妻がジムに行くために娘とお留守番をすることになった、わずか一時間半のこと。『ママ』の存在の大きさを、まざまざと見せつけられました。

我慢できないシリーズ その1 「『先生』、やめませんか?」

本日の主張 子ども達以外の、同僚や外部の業者の皆さん。教師を『◯◯先生』って呼ぶのはやめませんか?

『講師』について、『教諭』と対比させながら解説します。

前回の記事で、学校現場での『教諭』と『講師』の扱い、『講師』ができることとできないこと、『講師』から『教諭』を目指すには、などについてお話しすると書きましたので、順に書いていきます。

育児休暇取得者の穴を埋める『講師』って、どんな立場?

前回の記事の最後に、『なぜ、学校現場では育児休暇取得者に対して柔軟に対応できるのか』と書きました。その裏には、一般的にはあまり知られていない『講師』という立場の教員の存在が欠かせません。

育児休暇について、以前勤務していた製薬企業の同期に話したら。

現在は大阪市の公立小学校に勤務していますが、2012年9月までは製薬企業に4年半勤めていました。つい最近、同期入社だった友人と連絡を取り合ったときの話を、今日は書こうと思います。

大阪城公園で『ロードトレイン』さんに助けられた話。

今日は、最高の花見日和でした。数日前までの天気予報では、明日から週明けにかけて雨予報だったので、散る前に行くなら今日だと思っていました。平日に行ける有り難さを感じながら。

試したがりの妻イチオシ、ミルクローション『BABY BORN』。

『気になったものは試してみたい妻』と『使い慣れたものから変えたくないボク』。より良いものに出会える『可能性』は、間違いなく妻のようなタイプの方が高いでしょうね…。

ベビー服を求めて、3人でららぽーと甲子園へ。

娘も生後4ヶ月を迎え、春服でジャストサイズのものが必要になり、ららぽーと甲子園に行ってみました。すると、その意外な実力が明らかに!?

1年間の育児休暇、最初の10日間を終えて。

4月1日より始まった1年間の育児休暇。その最初の10日間が終わりました。今しか書けない感触を、メモ代わりに記しておきます。

午前中の5時限授業。そのメリットと心配点は?

嵐のように一日が過ぎていく小学校において、放課後の教員の時間確保は重要課題の一つ。 自分自身が勤務する小学校のスケジュールと比較して、その効果を考えてみました。

キモチの伝わるプレゼント。フォトスタンド『Say Cheese ! 』。

先月の卒業式に、6年生の子からプレゼントを貰いました。 本人が買ってくれたらしく、決して高価なものではないのですが、とても気持ちが伝わるモノでした。

小学生の「将来の夢」に、「ユーチューバー」登場。

「今後20年で、日本の労働人口の約49%が就いている職業が、AI等に代替可能」だとも言われる時代。 具体的な夢を描いて生きていくこと自体、難しくなっているのかもしれません。

これからの子ども達の『フラットな感覚』に期待。

教え子達が大きくなったときには、「男性が育休を取ることに何の抵抗もなく」、「夫婦で取りやすい方が取る」、そんな社会になっていてほしいな。

1年間の育児休暇に対して、「すごい」やら「さすが」やら。

ボクは小学校の教師をしています。 まだ1年間の育児休暇は始まったところですが、ここ数日間の周りの反応を記しておきます。

雛人形さん、ありがとう。また来年。

「雛人形」。 こんなに場所を取る上に用途の限られた物、どこの家にもあるの? 気になって、少し調べてみました。

初めて娘と二人きりで、外出デート。

とても天気が良かった今日は、娘をベビーカーに乗せてお散歩へ。 二人だけでお出かけをするのは、これが初めて。妻は、お友達とランチに行くのだそう。

妻と仲直り、そしてドーナツ『floresta(フロレスタ)』。

無事に、仲直りできました。 何がって、そう。前回の記事に書いたケンカの話。 今後は話し合いが欠かせませんな。

1年間の育児休暇、波乱の幕開け。

2017年4月1日。今日から1年間の育児休暇が始まります。 日々の悲喜こもごもを、徒然なるままに書いていく。 そんなブログを始めることにしました。